本文へ移動

朝日建設株式会社
富山県富山市安住町7番12号
TEL.076-441-3201
FAX.076-442-4328
-------------------------------------
1.道路舗装工事
2.一般土木工事

3.電気設備工事
4.福祉リフォーム
5.福祉用具販売・レンタル
-------------------------------------

朝日建設株式会社 本社地図
0
2
0
8
1
8

採用情報

≪YouTube≫ にて当社の採用動画を配信中!!

【2020年3月新卒者】募集職種:①土木技術・技能職  ②電気技術・技能職

【2019年3月新卒者】まもなく締切!①土木技術・技能職 ②電気技術・技能職募集

朝日建設では若い仲間が活躍しています

第46回富山市勤労者ソフトボール大会(平成30年)
チーム「アサヒKK」
婦中スポーツプラザにてプレイボール。第一試合突破、第二試合で惜しくも敗退。
元気で和気あいあいと楽しい試合でした。
 
・・・大会の様子は、下記リンクから工事部日誌をご覧ください

求める人物像

1. 素直な人
2. ものづくりが好きで夢をもっている人
3. チャレンジ精神旺盛であきらめず努力する人
4. 自制心、共感力、コミュニケーション能力がある人

採用フロー(新卒者)

募集内容(新卒者)

【採用職種】
【土木】技術・技能職/【電気】技術・技能職
【初 任 給】
大学卒           207,000円
高専・短大・専門卒(2年制) 191,000円
高校卒           175,000円
 
※ 社会的な経済変動に応じてベースアップあり(H29年度実績あり)
【諸 手 当】
通勤手当(距離により非課税限度額まで支給)
【昇  給】
4月(人事考課査定の昇格による)
【賞  与】
7月、12月(業績による支給)
【採用学科】
不問
【提出書類】
履歴書、卒業見込証明書、成績証明書、推薦書(推薦の場合のみ)
【選考方法】
1次選考:採用適性検査、小論文、一次面接
2次選考:役員による採用面接(最終選考)
【採用実績】
平成30年 大学卒2名・高校卒1名/平成29年 高校卒 4 名/平成27年 高校卒 2 名/
平成26年 高校卒 2 名/平成25年 高校卒 1 名/平成23年 大学卒 1 名 高校卒 2 名
【採用 スケジュール】
〔会社訪問〕 随時  〔選考・内定〕 随時
【採用人員】
大学卒 2名、高校卒 2名
※募集要項詳細は、「アイバック2020」バナーリンクからご覧ください。

勤務体系

【勤務時間】
8:00〜17:00(休憩1時間)
【勤 務 地】富山市
【休日休暇】
●日曜日ほか
(会社カレンダーによる土曜日(月平均2~3回)、指定祝日、年末年始、
 夏季休暇あり 年間休日:105日)
●特別休暇(慶弔休暇等)、年次有給休暇(入社時10日)
【福利厚生】
〔制 度〕雇用・労災・健康・厚生・財形・厚生年金基金・退職金共済・
     退職金制度あり(勤続3年以上)・慶弔金
【教育研修】
資格取得全面支援(初回会社負担)、計画的社内外研修

採用に関するお問い合わせ

中途採用情報(2018年11月1日現在)

当社では、現在「電気技術・技能職(電気施工全般)」を募集しています。
▼仕事の内容
・電気施工全般
・施工管理、工程管理、原価管理、安全管理
・現場作業(配線、配管、盤設置、器具取付など)
主に、公共施設や工場、一般住宅の電気設備工事を行い、ふるさと富山の発展に貢献しています。また、お客様が快適な日常を送れるように、安心と信頼の電気設備施工とメンテナンス技術で、世の中の役に立つことを使命と考えています。
 
募集要項の詳細は、下記ハローワークホームページから求人番号を入力してご検索ください。
▼求人番号▼
≪一般求人≫ 16010-23611781
▼ハローワークインターネットサービスURL▼
 

採用フロー(中途採用)

募集内容(中途採用)

【採用職種】土木技術・技能職(舗装・土木工事)、 電気技術・技能職(電気施工全般)
【採用人員】
※上記「中途者採用情報」お知らせ参照
【必要資格】
【提出書類】
履歴書、職務経歴書 等
【選考方法】
面接、採用適性検査
【採用実績】
平成30年 電気技術職 1 名、土木技能職 1名
平成28年 営業職 1 名
平成27年 土木技術職 2 名、事務職 2 名
平成25年 土木技術・技能職 3 名
【賃金等】
経験・資格・年齢等により決定
【備 考】
※応募される方はまず、お電話、メール、お問合せフォームなどからご連絡ください。

朝日建設の楽しい仲間たち

社員旅行集合写真(松島海岸)
平成26年の社員旅行
「東北を旅しよう!岩手県/陸前高田・宮城県/気仙沼、南三陸」
平成26年5月末から6月にかけて岩手県と宮城県へ行き、被災地の視察や語り部の方の話を通して、災害復旧の第一線に立つ建設業の使命を改めて実感した旅でした。
TOPへ戻る