朝日建設株式会社
富山県富山市安住町7番12号
TEL.076-441-3201
FAX.076-442-4328
-------------------------------------
1.舗装工事
2.土木工事

3.電気設備工事
4.介護住宅改修工事
-------------------------------------

0
0
7
7
0
3

2016年7月

角川温泉運動会員その後パート2

 昨年7月のコラムは「角川温泉運動会員」でした。このコラムの最後に、『これまで健康のため、そして、みっともない姿勢を治そうと色んなことをやってみましたが、長続きしたためしがありませんでした。しかし今度は、「93歳で、背筋を伸ばして元気一杯」というビジュアルな目標があります。(中略)1年後に、「こんなに姿勢が良くなりました」というコラムが書けたらよいと思いながら、これにて今月のコラムを終了します。』と書きました。

 そして昨年12月のコラム「角川温泉運動会員その後」で、半年を振り返りました。最初のほうに『今月は、その後はどうなっているかについて書きます。結論から先に書けば、またまた挫折しそうになったのです。』と記し、中ごろに『11月25日以降1回も行けずに3週間が経過し、思うように時間が取れないということで、止めようと思うようになってきました。しかし、この理由を強力に後押ししているのは「つまらない」なのです。たいていの会員は1時間くらい利用していますが、私はまずプールの中を7分間ほど歩いてからジェット水流を腰や肩に当て、気泡風呂の後に5分間サウナに入って30分間で切り上げます。しかしその30分間でも、1人黙々と運動するのが何ともつまらないのです。』と書き、最後に『今後のコラムで、どのようにして「つまらない」を克服し「角川温泉運動会員」を続けているか書けたら良いと思っています。』と、締めています。

 さて、1年経過して、今月のタイトルは「角川温泉運動会員その後パート2」です。この半年間、運動時間はやはり30分間のままで、1月が6回、2月は5回、3月も5回、4月は7回、5月が5回で6月が4回の32回でした。昨年は7月から12月までの半年間に、12月は1回だけでしたが8月と9月は10回で、41回行っていました。
数字は素直です。「つまらない」を克服していたら、昨年の41回より増えていたはずなのに結果は32回。6月29日に退会届を提出し、「今日で終わりだ」とホッとしながら最後の30分間を過ごしました。

 「こんなに姿勢が良くなりました」というコラムを1年後に書きたいと思って始めたのが、半年後には、どのようにして「つまらない」を克服し「角川温泉運動会員」を続けていこうかと泣き言を言い、1年たって、この挫折報告になりました。退会届には、理由として「月にせいぜい5回、各回30分くらいだけでもストレスになってきた(時間、費用、行くか行かないかの葛藤)」と記入し、アンケート「介護予防会員クラブ(この会員制度)はいかがでしたか。」には、「1年間何とか続けたことに意義があったと思うことにする。もっと楽しく運動することを工夫すべきであった」と答えています。

 退会した今、「プールに行く時間が迫ってきたのにまだ仕事が終わらない」、「今週は1回も行っていない」、「今月も終わるのに、まだ4回しか行っていない」、「日曜日には行きたくないな」などと考え無くて良いことは、何とも精神的に楽です。しかし、なぜ「つまらない」で退会することになったのか、その理由をきちんと総括しておく必要があると思いました。

 人に「つまらない」の理由を話すときは、「プールの中をただ歩くなんてつまらない」でした。毎日のように来ている人には2種類あって、手足の動きをいろいろ工夫しながら黙々と歩いている人と、隣の人と楽しそうにおしゃべりしながらプールを歩きジェット水流を当てる人です。どちらにもつまらなそうな人はいません。しかし、なぜ私が工夫もおしゃべりもしないままにつまらなさを募らせていったかと考えると、そもそも姿勢を良くすることに対して、仕事に対するほどのモチベーションを持っていなかったのだと気付きました。それはなぜかとまた考えたら、仕事は、自分のためにするというよりも人に役立つために能動的に働きかけてするのに対して、姿勢が悪くても、人にはあまり関係が無く、姿勢の悪さを指摘された時には、自分が我慢するか、理想的には感謝すれば済む話なので、モチベーションが仕事のようには高まらないのだと思い至りました。当社の創業100周年祝賀パーティーに、93歳の私が背筋を伸ばしてスピーチをしたいという思いから始めたこの角川温泉運動でしたが、まず、モチベーションの点で問題ありだったようです。(さて、93歳の私はどんな姿勢でスピーチしているのでしょうか?楽しみです)

 「つまらない」の2つ目の理由は、妻に指摘されたのですが、私は個人で行う運動より相手1人と1対1で行う運動のほうが、見るのもするのも好きだということです。走るのが苦手でゴルフもだめ、水泳教室も、息も絶え絶えになって帰宅(妻が言うには)するのですぐに行かなくなりましたが、大学時代には柔道を5年間続けましたし、相撲も好きです。当社の相撲部の応援には力が入りました。以前、自宅の周りの梨畑を走ろうとランニングシューズを新調しましたが3日坊主、しかし、犬との散歩はまったく苦になりません。犬が散歩の相棒だからです。

 健康には適度な運動が欠かせません。これからは、毎朝5時過ぎからの親子の犬2匹との1時間の散歩を、途中でダッシュするなど工夫して行おうかと今は思っています。(実は、この方法もやってみたことはあるのです・・・)